ルータのログインパスワードを変更した日本人は3割にとどまる(Avast) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

ルータのログインパスワードを変更した日本人は3割にとどまる(Avast)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

Avastは7月20日、日本市場に対して実施した、ルータのセキュリティに関する調査の結果を発表した。同調査は2018年7月、日本国内の一般消費者1,032人を対象に、見過ごされがちなルータのセキュリティの問題を消費者により深く理解してもらう目的で実施したもの。調査結果によると、日本人の37%はルータのWeb管理ページにログインし、工場出荷時のログイン認証情報を変更したことが一度もないと回答した。

また、31%はルータのWeb管理ページにログインしたことはあるものの、出荷時の初期設定のログイン認証情報を変更せず使用し続けていた。Web管理ページのログイン認証情報を変更したことがある回答者は、全体のわずか32%ととどまり、Web管理ページにログインしたことのある人のうち、43%はルータのファームウェアをアップデートしたことがないと回答した。さらに、全体の69%は、ルータの管理ページにログインし、アップデートを確認するのは年に1度かそれ以下であると回答。44%はルータにファームウェアがあることすら知らなかった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×