セキュリティポリシーを守らずUSBメモリを校外へ持ち出し紛失(横浜市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

セキュリティポリシーを守らずUSBメモリを校外へ持ち出し紛失(横浜市)

横浜市は7月13日、同市港南区にある芹が谷中学校の教諭が生徒の個人情報等を保存した公用USBメモリを紛失したことが同校からの報告により判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
横浜市は7月13日、同市港南区にある芹が谷中学校の教諭が生徒の個人情報等を保存した公用USBメモリを紛失したことが同校からの報告により判明したと発表した。

これは7月7日午前11時10分頃、当該教諭はUSBメモリを自己所有のリュックにしまい11時30分頃に車で退勤、その後、複数の店舗などに立ち寄り15時40分頃に紛失が判明したというもの。

紛失したUSBメモリには生徒193名分(1、2年生)の学年、学級、氏名、社会科成績(1学期分)と写真データ含む学級通信12号分が保存されていたとのこと。なお、公用USBメモリにはパスワードが設定されている。

各学校では同市の個人情報の取扱いに関する規定に基づき情報セキュリティーポリシーを作成しているが、当該教諭はそのルールを守らずにUSBメモリを校外に持ち出したとのこと。

7月13日現在も捜索を継続しているが発見には至っていないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×