旧ブラウザで最新PCI DSS準拠サイトへの広告を非表示にする技術(ソネット・メディア・ネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

旧ブラウザで最新PCI DSS準拠サイトへの広告を非表示にする技術(ソネット・メディア・ネットワークス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社は7月11日、旧式ブラウザーを介した広告に対して、自動的・効率的に抑制する技術を開発したと発表した。これは、PCI DSSの最新版で、TLS1.0以前の暗号プロトコルが使用できなくなることへの対応策となるもの。

具体的には、Internet Explorer 10以前、Firefox 5.0 以前、Android 4.4 以下標準ブラウザで指摘されている、PCI DSS準拠ページが表示できなくなる問題に対応する。これらのブラウザでは、PCI DSS準拠ページへ誘導する広告は表示されるが、広告枠をクリックしてもランディングページが表示できなくなる可能性がある。

そこで同社では、公知技術をはじめとする複数の通信技術を活用し、ランディングページを表示できないブラウザへの広告配信を自動的に抑制する技術を開発した。これにより、ブラウザに関する技術的な知識の有無にかかわらず、安全・確実に広告の配信が可能になり、無駄な広告配信も回避できる。同社では、今回開発した自動制御方式をもとに、DSP「Logicad」を通じた広告配信取引であるRTBにおいて活用するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×