Foxit Reader および Foxit Phantom Reader における Use-After-Free とメモリリークにより遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

Foxit Reader および Foxit Phantom Reader における Use-After-Free とメモリリークにより遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

Foxit Reader および Foxit Phantom Reader において、メモリ関連の脆弱性を悪用して、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
◆概要

Foxit Reader および Foxit Phantom Reader において、メモリ関連の脆弱性を悪用して、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。脆弱性を悪用する PDF ファイルを Foxit Reader または Foxit Phantom Reader で開くと、攻撃者による悪意のあるコードの実行を強制されてしまう可能性があります。アップデートにより対策することを推奨します。

◆分析者コメント

クライアントソフトウェアの脆弱性であるため、ソフトウェアの利用者が悪意のあるファイルを開くことで影響を受ける脆弱性です。脆弱性の性質上、企業などの組織の内部ネットワークへの侵入を攻撃者が試みる場合に、悪用される可能性が高い脆弱性です。悪意のあるファイルを開かないように心がけることはもちろんですが、ソーシャルエンジニアリングの手法は日々進歩しているため、ソフトウェアのアップデートにより根本的に対策しましょう。
《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×