WEB会員システムからログイン情報が外部へ流出(ジャパンレンタカー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

WEB会員システムからログイン情報が外部へ流出(ジャパンレンタカー)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

ジャパンレンタカー株式会社は6月19日、同社のWEB会員システムより会員情報の一部が外部へ流出した可能性があることが判明したと発表した。

これは同社のWEB会員システムから流出した可能性のあるメールアドレスとパスワードが外部に存在し、会員情報の一部が組み合わせと合致したことが確認されたというもの。現在のところ、流出が発生した原因の究明には至っていないが引き続き調査を継続するとのこと。

同社では既に、会員情報データをネットワークから切り離し安全な場所に隔離し、今後はWEB会員システムを刷新し安全な会員システムを開始する予定。

また同社は、WEB会員システムに登録したメールアドレスとパスワードを他のサービスでも使用している場合は速やかに変更するよう呼びかけている。

なお、レンタカー貸出システムについては、別システムで運用しており情報の流出はないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×