RSA NetWitnessが機能強化、自動化やUEBAほか(デル、EMCジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.22(木)

RSA NetWitnessが機能強化、自動化やUEBAほか(デル、EMCジャパン)

デルとEMCジャパンは、標的型攻撃対策製品の新バージョン「RSA NetWitness 11.1」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
デル株式会社とEMCジャパン株式会社は6月29日、標的型攻撃対策製品の新バージョン「RSA NetWitness 11.1」を発表した。インシデント管理を自動化してSOC運用効率を向上させるオーケストレーション機能「RSA NetWitness Orchestrator」を新たに加え、ユーザとエンティティを軸に脅威を検出する「RSA NetWitness UEBA Essentials」、Windowsのイベントログを収集して分析する「RSA Endpoint Insight」を無償で提供する。

「RSA NetWitness Orchestrator」は、インシデント管理を自動化してSOC運用効率を向上させるオーケストレーション(セキュリティ機器間でデータ連携させ対応手順を自動化)機能により、インシデント対応を効率化するソフトウェア。定型的な対応手順に沿ってケースマネジメント(インシデントの対応と管理、報告)を自動化する。価格は、RSA NetWitness Orchestratorソフトウェアと4ユーザの場合、1年間の保守料込みで23,520,672円(税別)。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×