6社14種のWAFルールをサブスクリプション利用可、進化拡大する AWS のセキュリティがもたらす影響は | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

6社14種のWAFルールをサブスクリプション利用可、進化拡大する AWS のセキュリティがもたらす影響は

6月1日、AWS Summit Tokyo 2018において、アマゾン General Manager、AWS Perimeter ProtectionのAndrew Thomas氏が、AWSで利用できるセキュリティ機能に関する講演を行った。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
6月1日、AWS Summit Tokyo 2018 において、アマゾン General Manager、AWS Perimeter Protection の Andrew Thomas 氏が、AWS で利用できるセキュリティ機能に関する講演を行った。

紹介されたサービスは「AWS Shield Advanced」「AWS WAF」「AWS Firewall Manager」の 3 つ。2017 年秋以降、順次リリースされた AWS の VPC や S3 を保護するセキュリティサービスだ。講演自体は、これらの機能、とくに有料オプション機能によって、いかに AWS を守ることができるのかを紹介するものだった。

クラウドベンダーの雄であるアマゾンが提供するセキュリティサービスは、既存の SIer やセキュリティベンダーにとっても無関係ではない。講演概要と、市場に与える影響について考えてみたい。

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×