6社14種のWAFルールをサブスクリプション利用可、進化拡大する AWS のセキュリティがもたらす影響は | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

6社14種のWAFルールをサブスクリプション利用可、進化拡大する AWS のセキュリティがもたらす影響は

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

6月1日、AWS Summit Tokyo 2018 において、アマゾン General Manager、AWS Perimeter Protection の Andrew Thomas 氏が、AWS で利用できるセキュリティ機能に関する講演を行った。

紹介されたサービスは「AWS Shield Advanced」「AWS WAF」「AWS Firewall Manager」の 3 つ。2017 年秋以降、順次リリースされた AWS の VPC や S3 を保護するセキュリティサービスだ。講演自体は、これらの機能、とくに有料オプション機能によって、いかに AWS を守ることができるのかを紹介するものだった。

クラウドベンダーの雄であるアマゾンが提供するセキュリティサービスは、既存の SIer やセキュリティベンダーにとっても無関係ではない。講演概要と、市場に与える影響について考えてみたい。

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×