人材管理サービス PageUp が不正な活動と情報漏えいを報告、大口顧客の懸念(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

人材管理サービス PageUp が不正な活動と情報漏えいを報告、大口顧客の懸念(The Register)

少しだけ良い知らせとしては、パスワードにはソルトを使ったハッシュ化が施されていた。

国際 TheRegister
SaaS HR (SaaS型人材管理) プラットフォームを運営するPageUpが「ITインフラ上で異常な活動を検出」したことを明らかにした。「クライアントのデータが流出した形跡がある」という。

今回のニュースには3つの側面がある。悪い知らせ、少しだけ良い知らせ、そしてもうひとつの悪い知らせだ。

まず悪い知らせだが、PageUpではどのデータが不正アクセスされたのか正確には把握していない。しかし「氏名と連絡先」で済んだと同社では考えている。だが「ユーザー名やパスワードといった識別データや認証データが含まれていた可能性もある」という。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×