検知した脅威を分析しカスタマイズされたIOCを自動生成(CrowdStrike) | ScanNetSecurity
2023.02.06(月)

検知した脅威を分析しカスタマイズされたIOCを自動生成(CrowdStrike)

米CrowdStrikeは、脅威情報の分析を自動化する新機能「CrowdStrike Falcon X」を米国時間4月16日に発表した。

国際 海外情報
米CrowdStrikeは、脅威情報の分析を自動化する新機能「CrowdStrike Falcon X」を米国時間4月16日に発表した。同機能は、EDRや次世代アンチウイルス、脅威ハンティングのマネージドサービス等を提供する同社の「CrowdStrike Falconプラットフォーム」の新しいモジュールとしてクラウド提供される。

自動化によって、これまでのSOCオペレータによる目視や人的判断に頼るやり方と比べて、分析所要時間を短縮できる。分析結果はCrowdStrikeの持つ攻撃者情報などと紐付けされるので、自社で検出された攻撃の主体や、その目的などを推定することができる。また、一回目の攻撃が着弾すると、カスタマイズされたIOCが生成されるので、APIを用いて他のセキュリティ機器と共有することで的確でスピーディーな対応を実現する。

CrowdStrike社は、Mandiant社などとともに、2015年と2016年のアメリカ合衆国民主党サーバへのサイバー攻撃のフォレンジックを実施、攻撃元(ロシア)を明らかにした等の実績を持つ。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×