Webサイトの新規開設や刷新時の運営形態や業者選びマニュアル(IPA) | ScanNetSecurity
2022.10.03(月)

Webサイトの新規開設や刷新時の運営形態や業者選びマニュアル(IPA)

IPAは、「IPAテクニカルウォッチ『ウェブサイト開設等における運営形態の選定方法に関する手引き』」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は5月30日、「IPAテクニカルウォッチ『ウェブサイト開設等における運営形態の選定方法に関する手引き』」を公開した。主に小規模事業者を対象に、Webサイトの新規開設、および刷新において、クラウドサービスなどの運用形態別にメリット・デメリット、およびセキュリティ対策に必要な確認項目を整理したレポートとなっている。PDFファイルとなっており、無償でダウンロードし利用できる。

同レポートは、「ウェブサイトの運営形態について」「各運営形態の選定に向けたアプローチ」「セキュリティ対策要件および強化のポイント」の3章で構成される。1章では、運営形態を「モール、ASP、SaaS型クラウドサービス」「PaaS型クラウドサービス、レンタルサーバ、IaaS型クラウドサービス」「ハウジング、オンプレミス」に分け、特徴やメリット、デメリットを紹介。2章では、これらを選定する際のアプローチや調達が必要なもの、費用、責任範囲、免責事項などを紹介している。

3章では、セキュリティ対策要件および強化のポイントとして、「企業等の組織が公開するWebサイト」「ECサイト」「SNSサイトや掲示板サイト等」「画像投稿サイト等のファイルアップロードサイト」に分けてポイントを解説している。さらに強化のポイントとして、「ネットワーク対策、不正アクセス対策」「DDoS攻撃対策」「なりすまし対策」「重要情報の保護対策」「事業継続対策」を解説している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×