ボットやAPIへの攻撃、レイヤ7 DDoS対応のWAF(F5) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

ボットやAPIへの攻撃、レイヤ7 DDoS対応のWAF(F5)

F5は、包括的なアプリケーション保護を可能にする「Advanced Web Application Firewall(Advanced WAF)ソリューション」の提供開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
F5ネットワークスジャパン合同会社(F5)は5月23日、包括的なアプリケーション保護を可能にする「Advanced Web Application Firewall(Advanced WAF)ソリューション」の提供開始を発表した。同ソリューションは従来のWAFの機能に加え、ボットを使った攻撃の防御や、マルウェアなどを利用した認証情報の不正入手、アプリケーションレイヤに対するDoS攻撃、APIへの攻撃など、より広範な脅威に対応する。また、オンプレミスと同様にクラウドでも、これらの機能を利用できるようにしている。

ボットに対しては、クライアントとサーバの両方をカバーしたモニタリングによってプロアクティブに防止。モバイル端末向けのアンチボットSDKも提供することで、業界初の包括的なボット対策を実現した。また、アプリケーションレベルでの暗号化によって、機密情報の盗聴を防止するほか、レイヤ7にも対応するDDoS検知は、機械学習と行動分析によってダイナミックに判定される。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×