東南アジア地域を対象とした「海外拠点セキュリティ現状調査サービス」(GSX、EPCS) | ScanNetSecurity
2022.10.04(火)

東南アジア地域を対象とした「海外拠点セキュリティ現状調査サービス」(GSX、EPCS)

GSXは、EPCSと新たなビジネス開発や協業事業に着手したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は5月21日、株式会社EPコンサルティングサービス(EPCS)と新たなビジネス開発や協業事業に着手したと発表した。情報セキュリティ専門会社であるGSXのサイバーセキュリティ教育カンパニーとしての知識知見と、バイリンガル人材を多く有するEPCSのグローバルビジネス視点を融合・補完し合うことで、新たなセキュリティサービスの開発やグローバル人材の育成を創出していく。

協業の第一弾として、東南アジア諸国エリアを対象とした「海外拠点セキュリティ現状調査サービス」をリリースした。同サービスは、東南アジア諸国エリアを対象に企業の海外拠点や現地法人の事業環境、IT環境の現状を調査・可視化し、サイバーリスクを含めた情報セキュリティの課題解決ロードマップ策定までを支援する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×