東南アジア地域を対象とした「海外拠点セキュリティ現状調査サービス」(GSX、EPCS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.16(火)

東南アジア地域を対象とした「海外拠点セキュリティ現状調査サービス」(GSX、EPCS)

GSXは、EPCSと新たなビジネス開発や協業事業に着手したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は5月21日、株式会社EPコンサルティングサービス(EPCS)と新たなビジネス開発や協業事業に着手したと発表した。情報セキュリティ専門会社であるGSXのサイバーセキュリティ教育カンパニーとしての知識知見と、バイリンガル人材を多く有するEPCSのグローバルビジネス視点を融合・補完し合うことで、新たなセキュリティサービスの開発やグローバル人材の育成を創出していく。

協業の第一弾として、東南アジア諸国エリアを対象とした「海外拠点セキュリティ現状調査サービス」をリリースした。同サービスは、東南アジア諸国エリアを対象に企業の海外拠点や現地法人の事業環境、IT環境の現状を調査・可視化し、サイバーリスクを含めた情報セキュリティの課題解決ロードマップ策定までを支援する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで  Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★

創刊 20 周年の感謝と御礼をこめ、通常年間 23,333 円(税抜) で提供されるScan PREMIUM ライセンスを、半額以下である 9,900 円(税抜)で 提供するキャンペーンを、11 月末日まで実施します。

×