公開Webサイトの問い合わせフォームへ大量投稿する攻撃が継続(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

公開Webサイトの問い合わせフォームへ大量投稿する攻撃が継続(IPA)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は4月25日、2018年1月から3月の四半期における「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)運用状況」を公開した。この期間には、新たな参加組織があり、11業界228組織となった。

同四半期、J-CSIP参加組織からIPAに対し、標的型攻撃メールと思われる不審なメール等の情報提供が256件(前四半期は1,930件)行われ、その情報をもとにIPAからJ-CSIP参加組織へ76件(同123件)の情報共有が実施された。標的型攻撃メールとみなした情報は101件であった。

相談・報告事例では、「組織内の実在する人物を騙るフィッシングメールが取引先に送られた」「実在する外部組織の従業員を騙るフィッシングメールが送られてきた」が各1件、「企業の公開Webサイトにある問い合わせフォームに対して大量の投稿を行う攻撃を受けた」「自組織を騙る偽サイトを発見した」が各2件であった。公開Webサイトにある問い合わせフォームに対して大量の投稿を行う攻撃は、前四半期から継続して相談・報告を受けているという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×