10代職員がマイナンバー事務で得た情報悪用し懲戒(横浜市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

10代職員がマイナンバー事務で得た情報悪用し懲戒(横浜市)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

横浜市は4月19日、同市職員が個人番号通知カードの申請書に記載された連絡先を私的に悪用したことが判明したと発表した。

これは同市金沢区総務部戸籍課に在籍していた10代の事務職員が、個人番号通知カードの再交付を申請した同市民に対し、同日の勤務時間終了後に、申請書に記載された連絡先に自身の携帯電話から電話とショートメールの送付を行ったというもの。

同職員は地方公務員法第29条の規定に基づき減給10分の1三ヶ月間の懲戒処分が、課長級職員1名および係長級職員1名計2名は管理監督者処分がそれぞれ実施された。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×