豊洲市場都民見学会の当選者宛のメール38名分を誤送信(東京都中央卸売市場) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

豊洲市場都民見学会の当選者宛のメール38名分を誤送信(東京都中央卸売市場)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

東京都中央卸売市場は4月19日、豊洲市場都民見学会の当選者宛のメールを誤送信する事故が発生したと発表した。

これは4月13日に豊洲市場都民見学会の受託事業者凸版印刷株式会社が見学会の当選者に案内を通知したが、案内メールが届かなかった当選者1名に受信可能な環境に設定するよう4月16日に電話連絡し、同日午前11時55分頃、案内メールを再送信した際に誤って当選者38名全員にBCCで一斉送信したというもの。同日午後12時30分に見学会当選者から連絡があり誤送信が判明したとのこと。

なお4月18日までに関係者全員に電話・メールでの個別連絡による謝罪と当該メールの削除依頼を行ったとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×