内視鏡手術画像データ他126名の個人情報含む外付HD紛失(相模野病院) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

内視鏡手術画像データ他126名の個人情報含む外付HD紛失(相模野病院)

独立行政法人 地域医療機能推進機構 相模野病院は4月18日、126名の個人情報が含まれた外付ハードディスクを紛失したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
独立行政法人 地域医療機能推進機構 相模野病院は4月18日、126名の個人情報が含まれた外付ハードディスクを紛失したことが判明したと発表した。

これは同院にて、3月29日に内視鏡を用いた整形外科・泌尿器科手術の画像データを保存した外付ハードディスクを使用し4月6日に紛失に気付いたというもの。

ハードディスクの中には氏名、診察券番号、生年月日、入院日、主治医、担当看護師及び手術の画像データを含む126名の個人情報が保存されていたが、特に情報の暗号化は行われていなかったとのこと。

なお現在まで、個人情報が流出した事実は確認されていないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×