「Drupal」の脆弱性を狙うアクセスの増加を確認(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.20(火)

「Drupal」の脆弱性を狙うアクセスの増加を確認(警察庁)

警察庁は、「Drupalの脆弱性(CVE-2018-7600)を標的としたアクセスの観測について」を「@police」において公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
警察庁は4月18日、「Drupalの脆弱性(CVE-2018-7600)を標的としたアクセスの観測について」を「@police」において公開した。同庁のインターネット定点観測システムにおいて確認したという。同脆弱性は3月28日に公表されたもので、この脆弱性が悪用されると、攻撃者がリモートから任意のコードを実行できるとしている。

同庁では4月14日以降、同脆弱性を標的としたアクセスを観測している。観測したアクセスは、4月に公開されたPoCに酷似したHTTP POSTリクエストを送信するもので、同脆弱性が悪用可能であるかを探索するものだけでなく、外部サーバから不正プログラムのダウンロードおよび実行を試みるものも確認したという。同庁では対策として、「Drupal 8.5.1 より前のバージョン」および「Drupal 7.58 より前のバージョン」を使用している場合には、対策済みのバージョンへのアップデートを推奨している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×