「i-FILTER」と「m-FILTER」をクラウドサービスとして提供(デジタルアーツ) | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

「i-FILTER」と「m-FILTER」をクラウドサービスとして提供(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、Webセキュリティ「i-FILTER」とメールセキュリティ「m-FILTER」のクラウドサービスとして、「DigitalArts@Cloud」を5月9日に提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
デジタルアーツ株式会社は4月18日、Webセキュリティ「i-FILTER(アイフィルター)」とメールセキュリティ「m-FILTER(エムフィルター)」のクラウドサービスとして、「DigitalArts@Cloud(デジタルアーツアットクラウド)」を5月9日に提供開始すると発表した。これにより、外部からの標的型攻撃対策と内部からの情報漏えい対策を同時に実現できるとしている。

「DigitalArts@Cloud」は、最新版の「i-FILTER」Ver.10と「m-FILTER」Ver.5をベースとしたもの。セットで導入することで、Webとメール双方からのマルウェア感染やデータ流出対策が可能となる。また、複数のセキュリティ製品やサービスを組み合わせて多層防御するコストを削減でき、過剰な投資や管理工数を抑制することができるとしている。

さらに、管理者がポリシー等の設定を容易に行える「統合簡易設定画面」、および両製品ののログを統合・分析し、アクセス履歴などの詳細を体系的にレポート化する「統合レポート」を標準搭載する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×