「i-FILTER」と「m-FILTER」をクラウドサービスとして提供(デジタルアーツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

「i-FILTER」と「m-FILTER」をクラウドサービスとして提供(デジタルアーツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

デジタルアーツ株式会社は4月18日、Webセキュリティ「i-FILTER(アイフィルター)」とメールセキュリティ「m-FILTER(エムフィルター)」のクラウドサービスとして、「DigitalArts@Cloud(デジタルアーツアットクラウド)」を5月9日に提供開始すると発表した。これにより、外部からの標的型攻撃対策と内部からの情報漏えい対策を同時に実現できるとしている。

「DigitalArts@Cloud」は、最新版の「i-FILTER」Ver.10と「m-FILTER」Ver.5をベースとしたもの。セットで導入することで、Webとメール双方からのマルウェア感染やデータ流出対策が可能となる。また、複数のセキュリティ製品やサービスを組み合わせて多層防御するコストを削減でき、過剰な投資や管理工数を抑制することができるとしている。

さらに、管理者がポリシー等の設定を容易に行える「統合簡易設定画面」、および両製品ののログを統合・分析し、アクセス履歴などの詳細を体系的にレポート化する「統合レポート」を標準搭載する。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×