テレワーク業務を可視化し管理を容易にするクラウドサービス(日立ソリューションズ) | ScanNetSecurity
2022.05.18(水)

テレワーク業務を可視化し管理を容易にするクラウドサービス(日立ソリューションズ)

日立ソリューションズは、テレワーク中の業務状況を可視化し、組織マネジメントを支援するシステム「Work Time Recorder」を4月16日より提供開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立ソリューションズは4月12日、テレワーク中の業務状況を可視化し、組織マネジメントを支援するシステム「Work Time Recorder(ワークタイムレコーダー)」を4月16日より提供開始すると発表した。クラウド(Office 365)で提供されるサービスで、初期導入サービスは200,000円から、月額利用料は1人あたり月額1,000円(ともに税別)。

PCに「ワークタイムレコーダー」をインストールすると、利用したアプリケーションやシステムを自動で記録する。また、テレワーク利用者が「Skype for Business」のクライアントに随時、登録する業務の開始・終了時刻や、勤務場所、業務内容、プレゼンスの情報を合わせて、業務報告書を自動作成する。さらに、業務中の画面を1時間に3回、自動的にキャプチャしてレポートを作成するなどの機能を搭載する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×