送信時の設定ミスでモニター顧客のメールアドレスが漏えい(コタ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

送信時の設定ミスでモニター顧客のメールアドレスが漏えい(コタ)

コタ株式会社は4月5日、モニターの顧客のメールアドレスが漏えいしたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
コタ株式会社は4月5日、モニターの顧客のメールアドレスが漏えいしたことが判明したと発表した。

これは4月5日の10時頃、同社研究部の送信担当者がモニター募集のメールを送信した際、本来ならばメールアドレスを「BCC」に設定すべきところを、誤って「宛先」に設定し送信したというもの。

なお、メールを実際に受信したのは173名で、217名はメールアドレスが変更されていた等の理由で送信できなかったとのこと。

今のところ、漏えいしたメールアドレスに迷惑メールが配信された等の被害は確認されていないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×