「Drupal」に、リモートからシステムデータを改変されるなどの脆弱性(JPCERT/CC、IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

「Drupal」に、リモートからシステムデータを改変されるなどの脆弱性(JPCERT/CC、IPA)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月29日、「Drupal」の脆弱性(CVE-2018-7600)に関する注意喚起を発表した。独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)も、「Drupalの脆弱性対策について(APSB18-05)(CVE-2018-7600)」を発表している。

これはDrupalが3月28日(現地時間)に、セキュリティアドバイザリ情報(SA-CORE-2018-002)を発表したことを受けたもの。この脆弱性が悪用されると、リモートからの攻撃によって非公開データを窃取されたり、システムデータを改変されたりする可能性がある。

対象となるバージョンは、「Drupal 8.5.1 より前のバージョン」および「Drupal 7.58 より前のバージョン」。なお、すでにサポートが終了している「Drupal 6 系」や「Drupal 8.4 系以前」も本脆弱性の影響を受けるとのことで、Drupalでは一時的な回避策として修正バージョンを公開している。

修正済みのバージョンは、「Drupal 8.5.1」「Drupal 7.58」「Drupal 8.4.6」「Drupal 8.3.9」。JPCERT/CCおよびIPAでは、十分なテストを実施の上で修正済みバージョンを適用するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×