秘密鍵漏えいで証明書2万件無効化、証明書ベンダ間の縄張り争い(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.22(木)

秘密鍵漏えいで証明書2万件無効化、証明書ベンダ間の縄張り争い(The Register)

HTTPS証明書の販売業者Trusticoの顧客は、自身のウェブサイトのセキュリティ証明書(およそ23,000件)が24時間以内に無効化されるという突然の通知に戸惑っている。

国際 TheRegister
HTTPS証明書の販売業者Trusticoの顧客は、自身のウェブサイトのセキュリティ証明書(およそ23,000件)が24時間以内に無効化されるという突然の通知に戸惑っている。

これはセキュリティ上の重大なミスが発生したことによる措置だという。Trusticoが送信したメールに証明書の秘密鍵が記載されていたのだ。秘密鍵は外部に漏れてはならず、原則として証明書のオーナーのみが所有するもので、もちろんテキストメッセージで開示するなどもってのほかだ。悪用すれば、有害なWebサイトが合法的に運営されているかのように装うこともできてしまう。

影響を受けた証明書を期限までに取り替えない限り、デジタル証明書の失効にともなって、Trusticoが販売したHTTPS証明書を利用しているウェブサイトへのアクセスをブラウザ側が拒否するようになる。

このむちゃくちゃな状況の発端は、どうやら縄張り争いらしい。ここでは、The Register誌がこれまでに突き止めた情報を掲載する。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×