これがKDDIが提案するセキュリティ [Security Days Spring 2018] | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

これがKDDIが提案するセキュリティ [Security Days Spring 2018]

福岡を皮切りに名古屋、大阪、そして3月7日からの3日間、東京で開催される「Security Days Spring」は、国内外のセキュリティベンダーによるセミナー中心のイベントで、多くの企業や専門家が最新知見の講演を行う。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
福岡を皮切りに名古屋、大阪、そして3月7日からの3日間、東京で開催される「Security Days Spring」は、国内外のセキュリティベンダーによるセミナー中心のイベントで、多くの企業や専門家が最新知見の講演を行う。

KDDIは中核となる通信事業の他、企業向けのデータセンター事業、クラウドサービス、システム運用のアウトソーシング事業なども手掛ける。通信事業と同様、いずれもセキュリティ確保が必須だ。

KDDIが提供するセッションは「サイバー攻撃対策へのご提案 セキュリティの運用課題をサービスの具体事例を交えて解説」と、「クラウドセントリック時代における新しいセキュリティ対策」の2本が予定されている。

前者は、同社 ソリューション推進本部 クラウドソリューション部 運用デザインG 前田圭一郎氏が、後者はソリューション事業企画本部 クラウドサービス企画部 企画2G グループリーダー 樋口太一氏が登壇する。二人に講演の見どころを聞いた。

――どんな特徴を持つサービスや製品を通じて、どのようにセキュリティ対策を提供しているかお教え下さい。

前田氏:主に法人のシステム運用を代行する事業を行っています。ITシステムとその運用をアウトソースしているわけですが、回線もあわせて提供することが多く、ネットワークや機器のセキュリティ確保、運用も含まれています。

特徴は、通信事業者として、ネットワークを含めたトータルな環境やサービスをアウトソースできることです。回線、サーバー、セキュリティを別々のベンダーに発注した場合の設定や運用管理の繁雑さがありません。

いま申し上げたサービスを基盤としつつ、24時間体制のマネージドセキュリティサービスを提供しています。これは、LACさんのSOC機能を利用するもので、攻撃や異常の検知の精度に加え、障害や攻撃を止めるノウハウも豊富です。監視範囲もL2スイッチから可能です。

講演では、このセキュリティサービスについて解説する予定ですが、ひとつ大きな特徴を紹介すると、TV会議システムを使ったインシデント発生時のコミュニケーションです。ユーザー、LAC、KDDIの3者によるTV会議システムを立ち上げ、リアルタイムでSOCの状況を共有しながら、インシデント対応を行えます。

――3月7日(水)15時10分からのセッション「サイバー攻撃対策へのご提案 セキュリティの運用課題をサービスの具体事例を交えて解説」の見どころは何でしょう。

前田氏:マネージドセキュリティサービスを利用したり、SIEM、UTMからアラートが上がってきても、それをどう判断して何をすればいいかは、経験を積んでも、いざという時に対応できないかもしれません。そんな方のために、実際に発生したインシデントをもとにして、どんなことが可能なのかお伝えできればと思っています。

――ありがとうございました。

――樋口さんのセッションはセキュリティクラウドについてですね。具体的にどんなサービスですか。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×