SOCサービスにElastic社の機械学習による検知機能追加(DTRS) | ScanNetSecurity
2019.11.21(木)

SOCサービスにElastic社の機械学習による検知機能追加(DTRS)

DTRSは、24時間365日のセキュリティ脅威分析サービスである「スレット セキュリティモニタリング(TSM)スタンダードサービス」に、機械学習を用いたアノーマリ検知機能を2月1日より追加すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社(DTRS)は1月25日、24時間365日のセキュリティ脅威分析サービスである「スレット セキュリティモニタリング(TSM)スタンダードサービス」に、オープンソースの全文検索エンジンElasticsearchなどで知られるElastic社の機械学習技術を用いたアノーマリ検知機能を2月1日より追加すると発表した。同社のオペレーションセンターであるサイバー インテリジェンス センター(CIC)でのサイバー脅威の検知手法として追加される。

CICではこれまで、各種セキュリティ機器のログをもとに相関分析を行い、脅威を検知していた。今回追加するアノーマリ検知は、機械学習によって得られたベースラインから逸脱するイベント(特異点)を発見し、そのイベントを起因として脅威分析を行う。アノーマリ検知を活用することで、相関分析だけでは発見できなかった脅威への対応が可能となり、より幅広いサイバー脅威を検知することが可能となる。

今後は、機械学習によって蓄積される知見を、TSMだけでなくCICが提供する全てのサイバー インテリジェンス サービスに活用されるという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×