GDPR対応不備を見つける16の質問(KPMGコンサルティング) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

GDPR対応不備を見つける16の質問(KPMGコンサルティング)

KPMGコンサルティングは、企業や組織の「GDPR」対応プロジェクトに、重要な対策の不備がないことを確認するための簡易診断ツールを公開した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
KPMGコンサルティング株式会社は1月22日、企業や組織の「EU一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulaltion)」対応プロジェクトに、重要な対策の不備がないことを確認するための簡易診断ツールを公開したと発表した。

同ツールは、「GDPR対応プロジェクトの運営」「管理組織と業務プロセスの整備」「安全管理対策の導入」「個人データ国際移転に係る対応」「ルールの浸透・点検活動」の観点から、全16問の設問に回答することで、自社におけるGDPR対応プロジェクトに重要な対策の不備がないことを点検することが可能なもの。同社のサイト上で公開されており、無料で利用できる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×