Intel CPU の欠陥によるカーネルメモリの脆弱性(The Register) | ScanNetSecurity
2020.11.29(日)

Intel CPU の欠陥によるカーネルメモリの脆弱性(The Register)

最終更新:インテルCPUに含まれる根本的な設計上の欠陥により、チップレベルでのセキュリティバグを無力化するため、LinuxカーネルやWindowsカーネルが重大な再設計を余儀なくされている。

国際 TheRegister
最終更新:インテルCPUに含まれる根本的な設計上の欠陥により、チップレベルでのセキュリティバグを無力化するため、LinuxカーネルやWindowsカーネルが重大な再設計を余儀なくされている。

プログラマたちは、オープンソースLinuxカーネルの仮想メモリシステムのオーバーホールに大急ぎで取り組んでいる。一方、Microsoft社は、近いうちに火曜日のパッチで同社のWindowsオペレーティングシステムに必要な変更を一般提供すると見込まれている。これらの変更は、11月および12月のWindows InsiderビルドFast Ringを使用しているベータ・テスタ向けにはすでに公開されている。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×