EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

TIS株式会社は12月6日、セキュリティ脅威の早期検知と分析・対応により、企業のインシデントレスポンスを支援する標的型攻撃対策サービス「マネージドEDR(Endpoint Detection and Response)サービス」を提供すると発表した。同サービスは、企業内で利用される端末に配布するEDRエージェントに、Carbon Black社製「Cb Response」を採用、詳細なログを取得する。

取得したログは、同社がグローバルに展開する9拠点から世界のセキュリティ脅威情報を収集している「TISマネージドセキュリティサービス」のセキュリティオペレーションセンター(SOC)で分析・対応を行い、マルウェアの検知から端末の隔離までをタイムリーに支援する。「検知から隔離までをマネージドサービスで実施し、インシデント対応の現場負担を軽減する」「グローバルに展開するSOCにより、リアルタイムなインシデント対応を実現する」「サーバからスマートフォンまで多様化するエンドポイント(端末)に対応する」といった特徴がある。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×