EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS) | ScanNetSecurity
2022.01.28(金)

EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

TISは、セキュリティ脅威の早期検知と分析・対応により、企業のインシデントレスポンスを支援する標的型攻撃対策サービス「マネージドEDRサービス」を提供すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
TIS株式会社は12月6日、セキュリティ脅威の早期検知と分析・対応により、企業のインシデントレスポンスを支援する標的型攻撃対策サービス「マネージドEDR(Endpoint Detection and Response)サービス」を提供すると発表した。同サービスは、企業内で利用される端末に配布するEDRエージェントに、Carbon Black社製「Cb Response」を採用、詳細なログを取得する。

取得したログは、同社がグローバルに展開する9拠点から世界のセキュリティ脅威情報を収集している「TISマネージドセキュリティサービス」のセキュリティオペレーションセンター(SOC)で分析・対応を行い、マルウェアの検知から端末の隔離までをタイムリーに支援する。「検知から隔離までをマネージドサービスで実施し、インシデント対応の現場負担を軽減する」「グローバルに展開するSOCにより、リアルタイムなインシデント対応を実現する」「サーバからスマートフォンまで多様化するエンドポイント(端末)に対応する」といった特徴がある。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×