IoT機器への攻撃は継続して発生、マルウェアは減少傾向(横浜国立大学、BBSS) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

IoT機器への攻撃は継続して発生、マルウェアは減少傾向(横浜国立大学、BBSS)

横浜国立大学とBBSSは、共同研究プロジェクトによる「10月度IoTサイバー脅威分析リポート」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
横浜国立大学とBBソフトサービス株式会社(BBSS)は11月20日、共同研究プロジェクトによる「10月度IoTサイバー脅威分析リポート」を発表した。同リポートは、IoT機器を狙ったサイバー攻撃の観測状況を月次で報告するもの。これによると、10月期もIoT機器への攻撃が継続的に行われている。同観測システムでは、10月は1日当たり約2.8万IPアドレスからのアクセス(アクセスホスト数)、約1.9万IPアドレスからの不正な侵入(攻撃ホスト数)を観測した。いずれも9月と比較すると微増であるが、グラフでは10月28日から数値が急上昇している。

10月に攻撃ホストとなった国は196カ国、ホスト数は304,256件が確認された。国別ではブラジルが1位、2位が中国、3位がインド、4位がロシア、5位がトルコとなっている。また、同観測システムで収集したIoTウイルス検体を、VirusTotalにて4社のアンチウイルスエンジンにかけて検査をした結果では、それぞれ「Linux.Lightaidra(A社)」「Backdoor.Linux.Gafgyt(B社)」「BASHLITE(C社)」「RDN/Generic BackDoor(D社)」の検知数が多かった。ただし、マルウェアの総検知数は9月から約39%減少している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×