「その人らしさ」をベースに、なりすましによる不正ログインを検知(サムライズ) | ScanNetSecurity
2022.01.27(木)

「その人らしさ」をベースに、なりすましによる不正ログインを検知(サムライズ)

サムライズは11月1日、Capyが提供する、なりすましによる不正ログイン対策サービス「Capy リスクベース認証」の販売を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社サムライズは11月1日、Capy株式会社が提供する、なりすましによる不正ログイン対策サービス「Capy リスクベース認証」の販売を同日より開始すると発表した。同社ではこれまで、Capyが提供する「Capy パズルキャプチャ」、「Capyアバターキャプチャ」により、リスト型攻撃による不正ログイン対策を提案してきた。

今回は、「なりすましによる不正ログイン」対策サービスの「Capy リスクベース認証」を強化し、機能が追加されたリニューアル版として提供する。リニューアル版では、Webサービスを利用するユーザのログイン履歴をデータとして蓄積、各ユーザの「その人らしさ」をベースに、ログインしたユーザの行動が本人によってなされたものかを識別、本人かどうかを検知する。SaaS型のサービスのため、利用が容易でメンテナンスが不要、低価格で提供できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×