2017年第3四半期はダウンローダーの検出が急増、前四半期の約31倍に(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.16(火)

2017年第3四半期はダウンローダーの検出が急増、前四半期の約31倍に(IPA)

脆弱性と脅威 脅威動向

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は10月23日、2017年第3四半期(7月~9月)における「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況」を発表した。発表によると、同四半期のウイルス届出件数は490件で、前四半期(4月~6月)と同水準であった。

一方で、不正プログラム検出数は141万525個で、前四半期の34万85件から大幅に増加した。その原因は「Downloader」の急増で、前四半期の32,797個から103万6,864個と約31.6倍となり、全体の約73.5%を占めた。ウイルス検出数は2,184個で、前四半期の1,717個から増加した。最も多く検出されたウイルスは「W32/Mydoom」で、前四半期の136個から693個と約5.1倍に増加した。

同四半期に「安心相談窓口」へ寄せられた相談件数は2,336件で、前四半期の3,812件から約38.7%減少した。相談の内容では、「ウイルス検出の偽警告」が286件(前四半期は670件)、「ワンクリック請求」が304件(同421件)、「ランサムウェア」が15件(同163件)などとなっている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×