IoT機器のデータを共通鍵方式で暗号化するセキュリティサービスを開始(凸版印刷) | ScanNetSecurity
2022.05.19(木)

IoT機器のデータを共通鍵方式で暗号化するセキュリティサービスを開始(凸版印刷)

凸版印刷は、共通鍵暗号方式の仕組みを用いたIoT機器へのセキュリティサービスを10月下旬より提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
凸版印刷株式会社は10月10日、共通鍵暗号方式の仕組みを用いたIoT機器へのセキュリティサービスを10月下旬より提供開始すると発表した。同サービスは、生活家電や計測器、農業用センサーなどのIoT機器のICチップにセキュア情報を書き込み、IoT機器のデータを暗号化することで、データの盗難や改ざん、乗っ取りなどを防止するもの。

暗号化されたデータは、サービス事業者に対して発行する秘密鍵がなければ復元できないため、IoT機器自体を保護できる。また、「共通鍵暗号方式」で認証が可能な専用の認証プラットフォームを採用。データの軽量化を実現している。今後は、公開鍵・共通鍵の2種類の暗号方式のセキュリティサービスを提供することで、IoT機器の特性に合わせたサービスの提供を可能にする。同社では、2018年に約10億円の売上を目指すとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×