IoT機器のデータを共通鍵方式で暗号化するセキュリティサービスを開始(凸版印刷) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

IoT機器のデータを共通鍵方式で暗号化するセキュリティサービスを開始(凸版印刷)

凸版印刷は、共通鍵暗号方式の仕組みを用いたIoT機器へのセキュリティサービスを10月下旬より提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
凸版印刷株式会社は10月10日、共通鍵暗号方式の仕組みを用いたIoT機器へのセキュリティサービスを10月下旬より提供開始すると発表した。同サービスは、生活家電や計測器、農業用センサーなどのIoT機器のICチップにセキュア情報を書き込み、IoT機器のデータを暗号化することで、データの盗難や改ざん、乗っ取りなどを防止するもの。

暗号化されたデータは、サービス事業者に対して発行する秘密鍵がなければ復元できないため、IoT機器自体を保護できる。また、「共通鍵暗号方式」で認証が可能な専用の認証プラットフォームを採用。データの軽量化を実現している。今後は、公開鍵・共通鍵の2種類の暗号方式のセキュリティサービスを提供することで、IoT機器の特性に合わせたサービスの提供を可能にする。同社では、2018年に約10億円の売上を目指すとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×