工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第4回 「"やりかねない"男」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第4回 「"やりかねない"男」

特集 フィクション

>>前回

「ええと、概略は先ほどお話した通りで、詳細はお手元の資料にあります。なにか質問ございますでしょうか?」

座り直した山岡がオレに尋ねた。だいたいは頭にたたき込んだが、いくつかはっきりしないことがある。

「うーんと容疑者三人について確認したいんだけどいいかな?」

「はい。どうぞお尋ねください」

「容疑者その一、総務の田端のアリバイはアクセスのあった日に病欠して出社していない。これは確実?」

オレはもらった資料の中の犯行可能人物のページを開いて見せた。

「病欠の届けも出ていますし、犯行当日私も含め同じ部屋の人間は田端を見ていません。ついこの間のことですから間違いないと思います」

「田端の動機は?」

「田端に限らず、この三人は周囲から"やりかねない"と思われている人物です。田端と川辺は周りの社員と交流がなく、孤立しています。まあ、はっきりした動機を確認したわけではないんです」

容疑者としてリスト化したにしては、あいまいな理由だ。まあ、アリバイがないだけでも調べる意味はあるが。

「"やりかねない"ねえ。他の社員だって魔が差すってこともあるだろう」

《一田 和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×