12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ) | ScanNetSecurity
2024.03.04(月)

12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

東京ガスは9月11日、同社のガス工事を委託している会社の業務用パソコンが盗難にあったと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東京ガスは9月11日、同社のガス工事を委託している会社の業務用パソコンが盗難にあったと発表した。

これは9月6日、同社と同社がガス工事を委託している関係会社の株式会社キャプティが、システム改修やメンテナンス業務を委託しているNTTコムウェア株式会社から最終委託された会社の社員が、7月11日にJR南浦和駅において業務用パソコンの入ったカバンを盗まれた旨の連絡を受けたというもの。

盗難にあった業務用パソコンには、システム改修やメンテナンス等に用いた12,439件のお客さま情報(お客さま名(ガス工事件名)、工事請負金額、工事完成年月、労働保険期間等)と84件の取引先の担当者名が記載されたファイルが入っており、うち住所が含まれているものが855件、振込先の口座番号が含まれているものが1件あったとのこと。

なお業務用パソコンを起動するにはIDとパスワードを入力する必要があり、当該の全てのファイルにもパスワードがかかっているとのこと。

これまでに盗難により紛失した情報が外部に流出し利用された事実は確認されていないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×