独自の悪性サイト情報を、ネットワーク機器に自動取込可能な形式で提供(NTT Com) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

独自の悪性サイト情報を、ネットワーク機器に自動取込可能な形式で提供(NTT Com)

NTT Comは、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のマネージドセキュリティサービスにおいて、新メニュー「Active Blacklist Threat Intelligence」を提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は9月25日、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のマネージドセキュリティサービスにおいて、新メニュー「Active Blacklist Threat Intelligence」(アクティブ ブラックリスト スレット インテリジェンス)を同日より提供開始すると発表した。提供価格は、初期費用が0円、月額費用が320,000円(税別)。

新メニューは、国内の企業や官公庁に導入されているセキュリティ機器などで検知したサイバー攻撃情報を、セキュリティオペレーションセンターの分析基盤に収集、独自の手法で悪性サイト情報を精査し作成したブラックリストを、ユーザのネットワーク機器に自動取込可能な形式でリアルタイムに提供するもの。このリストのうち、5%~30%の情報が市販製品では検知できていない独自の情報であるという。これにより、ユーザは新しく発見された悪性サイトとの通信を速やかに遮断できる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×