DLP製品大手、一般データ保護規則(GDPR)に対応(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

DLP製品大手、一般データ保護規則(GDPR)に対応(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社シマンテックは9月21日、「Data Loss Prevention(DLP)15」の発売と、「Symantec Information Centric Securityソリューション」の強化を発表した。Symantec Information Centric Securityソリューションは、自社で管理していない環境でも、機密データを社外ユーザと共同で、またはクラウドアプリケーションを介して保存、使用、共有できるもの。データへのアクセスは承認されたユーザのみに限定されるため、データを常に保護し、意図しないデータ流出のリスクを低減する。

また、同ソリューションの情報指向型アプローチにより、コラボレーション作業における安全性を確保し、来年5月に施行されるEUの「一般データ保護規則(GDPR)」といった厳しい法規制へのコンプライアンスをサポートする。最新バージョンのDLP15は、こうした機能を拡張するもので、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、データの分類、ユーザの行動分析、情報指向型の暗号化などが統合、強化されたことで、より幅広い通信チャネルに対応した。シャドーアプリを介した機密データの流出防止にも対応する。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×