DLP製品大手、一般データ保護規則(GDPR)に対応(シマンテック) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

DLP製品大手、一般データ保護規則(GDPR)に対応(シマンテック)

シマンテックは、「Data Loss Prevention(DLP)15」の発売と、「Symantec Information Centric Securityソリューション」の強化を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社シマンテックは9月21日、「Data Loss Prevention(DLP)15」の発売と、「Symantec Information Centric Securityソリューション」の強化を発表した。Symantec Information Centric Securityソリューションは、自社で管理していない環境でも、機密データを社外ユーザと共同で、またはクラウドアプリケーションを介して保存、使用、共有できるもの。データへのアクセスは承認されたユーザのみに限定されるため、データを常に保護し、意図しないデータ流出のリスクを低減する。

また、同ソリューションの情報指向型アプローチにより、コラボレーション作業における安全性を確保し、来年5月に施行されるEUの「一般データ保護規則(GDPR)」といった厳しい法規制へのコンプライアンスをサポートする。最新バージョンのDLP15は、こうした機能を拡張するもので、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、データの分類、ユーザの行動分析、情報指向型の暗号化などが統合、強化されたことで、より幅広い通信チャネルに対応した。シャドーアプリを介した機密データの流出防止にも対応する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×