アジア以外ではランサムウェアの検出数が前年の2倍に、脅威の進化も(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

アジア以外ではランサムウェアの検出数が前年の2倍に、脅威の進化も(チェック・ポイント)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は8月29日、セキュリティ脅威情報の知見をコミュニティに提供する新たなオンライン・プラットフォーム「Check Point Research」を通じた情報提供を開始すると発表した。また、ランサムウェア、バンキング・マルウェア、モバイル・マルウェアに関するトレンドを包括的に解説した「チェック・ポイント サイバー攻撃トレンド2017年上半期レポート」も発表した。

2017年上半期、不正なインターネット広告キャンペーン「RoughTed」の影響を受けた組織は23.5%、「Fireballマルウェア」の影響を受けた組織は19.7%に上った。また、北中南米地域とヨーロッパ、中東、アフリカ地域(EMEA)では、ランサムウェア攻撃の検出数が前年同時期に比べて2倍近くに増加した。さらに傾向として、Fireballマルウェアの登場とモバイル・デバイスを標的とするアドウェア・ボットネットの勢力拡大、入手可能になった国家レベルのハッキング・ツール、新たなモバイル・バンキング・マルウェアの台頭などを挙げている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×