マネージドゲートウェイと併用できるエンドポイントセキュリティサービス(バリオセキュア) | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

マネージドゲートウェイと併用できるエンドポイントセキュリティサービス(バリオセキュア)

バリオセキュアは、マネージドゲートウェイセキュリティとの併用が可能なエンドポイントセキュリティサービスとして、「VarioEndPointSecurity-F」を提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
バリオセキュア株式会社は8月8日、マネージドゲートウェイセキュリティとの併用が可能なエンドポイントセキュリティサービスとして、「VarioEndPointSecurity-F」を同日より提供開始すると発表した。同サービスは、自社開発のUTM「VSR(VarioSecureRouter)」でのゲートウェイセキュリティに加え、万一の侵入に対してもマルウェア感染や情報漏えいリスクを最小限にするための「エンドポイント対策」を可能にするもの。

また、エンドポイント対策には、クライアントサンドボックスを搭載したエフセキュア社の「プロテクション サービス ビジネス(PSB)」を提供する。ゲートウェイで検知できなかった新種のマルウェアやランサムウェア等を、マルチポイントでのセキュリティ対策により、さらなる安全性の強化を実現するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×