日本の従業員がサイバー攻撃を受けた経験は世界平均の約半分、意識の甘さも(A10) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

日本の従業員がサイバー攻撃を受けた経験は世界平均の約半分、意識の甘さも(A10)

A10は、日本を含むグローバルで実施したスマートフォンアプリとセキュリティに関するレポート「アプリケーションインテリジェンスレポート(AIR)」のビジネスパーソン/セキュリティ編の結果を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
A10ネットワークス株式会社(A10)は8月7日、日本を含むグローバルで実施したスマートフォンアプリとセキュリティに関するレポート「アプリケーションインテリジェンスレポート(AIR)」のビジネスパーソン/セキュリティ編の結果を公開した。調査結果によると、回答者の13%(日本は7%)がIDを盗難されたことがあり、20%(日本は10%)がハッキング被害に遭ったと答えており、サイバー攻撃による被害が現実の問題となっていることが明らかになった。

ID盗難の経験は中国が突出して多く39%、また年齢別では20代が19%、50代は2%と若い世代が多く被害に遭っている。一方、デバイス紛失の経験は回答者の21%(日本は9%)、すべてのアプリで異なるパスワードを使用しているのは17%(日本は15%)に過ぎなかった。スマートフォンアプリを最初にダウンロードする際に、セキュリティへの懸念を考えるのは、世界全体では83%、中国では97%であるのに対し、日本は76%と調査対象国でもっとも少なかった。

サイバー攻撃対策の実施者については、世界全体の47%、日本は39%の回答者が、会社や開発者、ベンダが実施していると期待しているという結果となった。さらに日本の回答者のうち、サイバー攻撃について"避けがたい人生の一部"と感じていると答えたのは12%のみで、もっとも低かった(世界全体は29%)。IoTデバイスがノートPCやスマートフォンと比べて脆弱性がなく安全なイメージを持たれていることも明らかになっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×