AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register) | ScanNetSecurity
2020.07.12(日)

AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

これはまさに個人情報の宝庫であり、「全世界にわたる金融業界の重要人物が網羅」された、実際のリスク管理上もコンプライアンス上も問題がある、始末に悪い顧客情報の流出事件となった。

国際 TheRegister
ダウ・ジョーンズは、さまざまな社内データベース (たとえばウオールストリートジャーナルの購読者名簿など) をクラウド上で収集し管理する際に必要な、適切なセキュリティ管理を怠ったまま、ベライゾンにサービスを提供した。

そして個人情報が流出したことを、UpGuard 社のクリス・ヴィッキーがこの記事で明るみに出している。

この情報流失の経緯は、ありがちで単純明快なものだ。担当者の誰かが、「関係者にのみ公開」(semi-public access) に設定されているクラウド上のレポジトリー (収納場所) にデータベースを誤って置いたため、「本来保護されるべき、数百万名に上る同社顧客の個人情報ならびに経済的状況」が人目にさらされたのだ。

この記事によれば、「ダウ・ジョーンズは顧客220万名分が影響を受けたことを認めたが、アップガード社の推計によれば、流出したアカウントの数は400万近くに上る」という。

このレポジトリーはAWSのS3バケットの一部だが、その個人情報保護の設定が間違っていた。担当者は認定ユーザーのみが利用できる設定をしたつもりだったのだろうが、ダウ・ジョーンズ社関連のアカウントの保有者だけではなく、すべてのAWS認定ユーザーへの公開になったことには気が付いていなかったようだ。
《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×