ランサムウェアの暗号化動作を検知し停止させる「RansomFree」日本語版無償提供開始(サイバーリーズン・ジャパン) | ScanNetSecurity
2021.09.26(日)

ランサムウェアの暗号化動作を検知し停止させる「RansomFree」日本語版無償提供開始(サイバーリーズン・ジャパン)

サイバーリーズン・ジャパンは、ランサムウエア対策に特化した個人・中小企業向けの対策ツール「RansomFree」の日本語版の無償提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
サイバーリーズン・ジャパン株式会社は7月18日、ランサムウエア対策に特化した個人・中小企業向けの対策ツール「RansomFree(ランサムフリー)」の日本語版の無償提供を開始したと発表した。同ツールは、ランサムウェアの共通する行動をターゲットにすることで、99%のランサムウェアの変種を検出できるツール。

ランサムウェアを検出すると、その活動を中断、ユーザのファイルが危険にさらされているという警告メッセージを表示する。ユーザは「脅威を阻止し、除去しますか」の問いに対し、「はい」をクリックするだけで、ランサムウェアを除去することができる。対応OSは、Windows 7、8、10、Windows Server 2008 R2および2012 R2。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×