ランサムウェアの暗号化動作を検知し停止させる「RansomFree」日本語版無償提供開始(サイバーリーズン・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

ランサムウェアの暗号化動作を検知し停止させる「RansomFree」日本語版無償提供開始(サイバーリーズン・ジャパン)

サイバーリーズン・ジャパンは、ランサムウエア対策に特化した個人・中小企業向けの対策ツール「RansomFree」の日本語版の無償提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
サイバーリーズン・ジャパン株式会社は7月18日、ランサムウエア対策に特化した個人・中小企業向けの対策ツール「RansomFree(ランサムフリー)」の日本語版の無償提供を開始したと発表した。同ツールは、ランサムウェアの共通する行動をターゲットにすることで、99%のランサムウェアの変種を検出できるツール。

ランサムウェアを検出すると、その活動を中断、ユーザのファイルが危険にさらされているという警告メッセージを表示する。ユーザは「脅威を阻止し、除去しますか」の問いに対し、「はい」をクリックするだけで、ランサムウェアを除去することができる。対応OSは、Windows 7、8、10、Windows Server 2008 R2および2012 R2。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×