選挙ハッキングの不安を払拭、オープンソースの新しい投票システム Helios とは(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.07(日)

選挙ハッキングの不安を払拭、オープンソースの新しい投票システム Helios とは(The Register)

セキュリティ業界の多くの関係者が、アメリカの向こう見ずな電子投票導入に疑問を抱いている。2000年の大統領選で投票用紙の不備が問題になって以降、政府は各州で大金をつぎ込み投票設備をアップグレードさせているが、多くのシステムはどうしようもなくお粗末なものだ。

国際 TheRegister
選挙ハッキングの問題が連日ニュースを賑わせている。怪しい陣営の連中が選挙結果を改ざんするのではないかという不安は尽きない。

たとえば、米国ジョージア州下院第6選挙区では、接戦が報じられる選挙の投票が6月20日に迫る中、投票システムのセキュリティに対する不信感が高まっている。ジョージア州では電子投票装置を利用しており、紙の投票用紙を発行しないので再集計ができない。さらにセキュリティ研究者のローガン・ラムが、投票システムのセキュリティに疑問を呈している(もちろん、ロシアのハッカーが選挙委員会や米国の投票ソフトウェア/ハードウェアメーカーを標的にしているという証拠があってのことだ)。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×