ヨーロッパ情報漏えい罰金額相場とEU一般データ保護規則施行が生むビジネスチャンス(The Register) | ScanNetSecurity
2019.10.14(月)

ヨーロッパ情報漏えい罰金額相場とEU一般データ保護規則施行が生むビジネスチャンス(The Register)

PwCの国際サイバーセキュリティ関係者のスチュワート・ルーム氏は、この問題に対してこれまでよりもはるかに大きく注目が集まるという理由で、GDPRを「善なる力」として歓迎した。そう言いながら、おそらく心の中では舌なめずりをしていたのだろう。

国際 TheRegister
イギリスはデータ漏えいに対する罰金がヨーロッパで最も科されている国だ。 2016年には罰金総額が倍増し、3,200万ポンド (3,600万ユーロ) (編集部註 約45億円) となった。

巨大コンサルタント企業であるPwCの分析によると、昨年のイギリスにおけるデータ保護法違反について罰金が科されたのは35件だった。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×