ロシア サイバー攻撃外交 ~ ヒラリーとマクロンのファイルしか流出させなかったプーチンの意図(The Register) | ScanNetSecurity
2024.07.18(木)

ロシア サイバー攻撃外交 ~ ヒラリーとマクロンのファイルしか流出させなかったプーチンの意図(The Register)

およそ国家と名の付くものは、すべて他国をスパイしている。2012年のフランス大統領選挙におけるCIAがその好例だ。しかし今回は過去に例を見ない試みが行われた。

国際
週の始めだというのに、ワシントンでは物事が急展開している。ロシアのハッカーが、アメリカの大統領選で使われていた共和党と民主党のコンピュータに侵入していた事実が、またしても明らかとなった。加えて、フランス大統領選にも干渉していたようだ。

《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  2. 支払額倍増の場合も ~ オラクルが Fortune 200 へ Java ライセンスに関する監査書送付を開始

    支払額倍増の場合も ~ オラクルが Fortune 200 へ Java ライセンスに関する監査書送付を開始

  3. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  4. 米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

  5. 病院も監査の標的、ライセンス監査で収益確保はかる切羽詰まったソフトウェアベンダ

  6. IE の VBScript 処理は、Web ページがローカルファイルを読み取ることを可能にする

  7. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

  8. 範を示す ~ MITRE がサイバー攻撃被害公表

  9. 監視広告の覇者になれなかったオラクル、ポスト・ケンブリッジ・アナリティカ時代の逆風

  10. CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )、ファンシーベアとは何者か?

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×