社内のPCとサーバを把握し、収集したパッチ情報と緊急度を提示する製品(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

社内のPCとサーバを把握し、収集したパッチ情報と緊急度を提示する製品(カスペルスキー)

カスペルスキーは、脆弱性およびパッチ管理を行う法人向けにセキュリティ製品「Kaspersky Vulnerability and Patch Management」を提供開始し、パートナー企業経由で販売すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社カスペルスキーは5月18日、脆弱性およびパッチ管理を行う法人向けにセキュリティ製品「Kaspersky Vulnerability and Patch Management」を同日より提供開始し、パートナー企業経由で販売すると発表した。「Kaspersky Systems Management」の後継製品となる。

同製品は、大規模環境でもリアルタイムにPCやサーバのOSとアプリケーション情報を収集、把握し、アップデートサーバからパッチ情報を収集し、脆弱性対象となるコンピュータと緊急度を提示する。パッチをキャッシュして複数拠点に配布することも可能。業務に不要なアプリケーションを削除する機能も搭載する。価格は、最小構成の10クライアントで124,700円。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×