「DDI」と「InterSafe WebFilter」間で悪意あるURL情報などを共有(ALSI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.22(水)

「DDI」と「InterSafe WebFilter」間で悪意あるURL情報などを共有(ALSI)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は4月26日、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」の「脅威情報自動登録オプション (ARMS)」連携製品として、トレンドマイクロ株式会社のネットワーク型脅威対策製品「Deep Discovery Inspector(DDI)」を追加し、「ARMS for Deep Discovery Inspector」として4月28日より無償で提供を開始すると発表した。

今回の連携により、「DDI」で検出した悪意あるURLアドレス情報などが「InterSafe WebFilter」のURLリストに自動的に追加される。また、逆に「InterSafe WebFilter」から「DDI」にも自動登録される。これにより脅威の検知からブロックまでを自動化し、管理者の運用負担を減らすとともに、より即時的な対策が可能となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×