経営者や上司になりすまし送金させる「ビジネスメール詐欺」に注意喚起(IPA) | ScanNetSecurity
2022.01.26(水)

経営者や上司になりすまし送金させる「ビジネスメール詐欺」に注意喚起(IPA)

IPAは、「偽口座への送金を促す“ビジネスメール詐欺”の手口」に対して注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は4月3日、「偽口座への送金を促す“ビジネスメール詐欺”の手口」に対して注意喚起を発表した。これは、サイバー攻撃の情報共有の枠組みである「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)」の複数の参加企業から“ビジネスメール詐欺”(BEC)に関する情報提供を受けたとして、その事例を詳細に解説し、手口を明らかにするとともに、国内企業に潜行していると考えられるBECについて注意喚起を行うもの。

BECは、巧妙に細工したメールのやり取りによって企業の担当者を騙し、攻撃者の用意した口座へ送金させる詐欺の手口。2月には国内でも逮捕者が出たという報道がなされている。また事例によっては、企業担当者から「口座名義に問題があり送金できない」旨を伝えると、1時間後に別の口座を連絡してきたり、送金がエラーになった際には、30分で訂正のメールが送られてきたりと、非常に攻撃の手際がよいことも特徴となっている。IPAでは、レポート「ビジネスメール詐欺 『BEC』に関する事例と注意喚起」を合わせて公開している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×