経営者や上司になりすまし送金させる「ビジネスメール詐欺」に注意喚起(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

経営者や上司になりすまし送金させる「ビジネスメール詐欺」に注意喚起(IPA)

IPAは、「偽口座への送金を促す“ビジネスメール詐欺”の手口」に対して注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は4月3日、「偽口座への送金を促す“ビジネスメール詐欺”の手口」に対して注意喚起を発表した。これは、サイバー攻撃の情報共有の枠組みである「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)」の複数の参加企業から“ビジネスメール詐欺”(BEC)に関する情報提供を受けたとして、その事例を詳細に解説し、手口を明らかにするとともに、国内企業に潜行していると考えられるBECについて注意喚起を行うもの。

BECは、巧妙に細工したメールのやり取りによって企業の担当者を騙し、攻撃者の用意した口座へ送金させる詐欺の手口。2月には国内でも逮捕者が出たという報道がなされている。また事例によっては、企業担当者から「口座名義に問題があり送金できない」旨を伝えると、1時間後に別の口座を連絡してきたり、送金がエラーになった際には、30分で訂正のメールが送られてきたりと、非常に攻撃の手際がよいことも特徴となっている。IPAでは、レポート「ビジネスメール詐欺 『BEC』に関する事例と注意喚起」を合わせて公開している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×