「国際郵便マイページサービス」が不正アクセス、29,116 件のアドレスの流出可能性(日本郵便) | ScanNetSecurity
2020.05.31(日)

「国際郵便マイページサービス」が不正アクセス、29,116 件のアドレスの流出可能性(日本郵便)

日本郵便株式会社は3月14日、同社が運営する「国際郵便マイページサービス」サイトが、第三者による不正アクセスを受け情報流出の可能性があることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
日本郵便株式会社は3月14日、同社が運営する「国際郵便マイページサービス」サイトが、第三者による不正アクセスを受け情報流出の可能性があることが判明したと発表した。

これは、Apache Struts2 の脆弱性を利用した不正アクセスにより同社の「国際郵便マイページサービス」サイトに悪意のあるプログラムが仕込まれ、3月12日から13日までの期間に同サイトで作成された送り状1,104件、登録されていたEメールアドレス29,116件が流出の可能性があることが判明したというもの。

なお同社では既に、不正アクセス及び情報流出の防止対策を講じた上でサービスを再開しているとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×