加盟店はカード情報の非保持化あるいはPCI DSS準拠--実行計画まとまる(クレジット取引セキュリティ対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

加盟店はカード情報の非保持化あるいはPCI DSS準拠--実行計画まとまる(クレジット取引セキュリティ対策協議会)

クレジット取引セキュリティ対策協議会は、「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画-2017-」を取りまとめ、発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
クレジット取引セキュリティ対策協議会は3月8日、「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画-2017-」を取りまとめ、発表した。この実行計画は、「カード情報の漏えい対策」(カード情報を盗らせない)、「偽造カードによる不正使用対策」(偽造カードを使わせない)、「ECにおける不正使用対策」(ネットでなりすましをさせない)を3つの柱としている。

たとえば「カード情報の漏えい対策」では、カード会社・PSPの決済代行業は2018年3月までにPCI DSS準拠を完了すること、加盟店はカード情報の非保持化またはPCI DSS準拠(EC加盟店は2018年3月まで、対面加盟店は最終的に2020年3月まで)を行うこと(2018年5~6月頃に改正割賦販売法が施行され、義務化される)。行政はカード情報の適切な保護について、事業者や消費者に情報発信することや、NISC、JPCERT等のセキュリティ関係機関との連携・情報共有などを行うこととしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×