兵庫県警の捜査官をSOCに受け入れ、サイバー関連の知識・技術向上を目指す(IIJ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

兵庫県警の捜査官をSOCに受け入れ、サイバー関連の知識・技術向上を目指す(IIJ)

IIJは、兵庫県警察本部警備部公安第一課の捜査官をIIJセキュリティオペレーションセンター(SOC)にて受け入れると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は3月8日、兵庫県警察本部警備部公安第一課の捜査官をIIJセキュリティオペレーションセンター(SOC)にて受け入れると発表した。これは、警察のサイバー空間の脅威への対処能力向上を目的としたもの。捜査官には、SOCでの業務を通じてウイルス解析やデジタルフォレンジックなどの技術を習得してもらうことで、サイバー関連事案の捜査に有用な知識、技術の向上を支援する。

同社は2015年6月に兵庫県警察本部長の委嘱を受け、同社のセキュリティ情報統括室長である齋藤衛氏(現・セキュリティ本部長)が「兵庫県警察サイバーセキュリティ対策アドバイザー」に就任、セキュリティに関する情報共有からサイバー犯罪・サイバー攻撃対策、事案対応への助言などを行ってきた。今回、新たな人材育成支援として、2017年4月1日から2018年3月31日までの1年間、捜査官1名を研修生としてSOCに受け入れる協定を2月21日に締結していた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×