トランプ氏の大統領令で混乱生じるさなか、EU・米国間のデータ保護法発効(The Register) | ScanNetSecurity
2020.12.01(火)

トランプ氏の大統領令で混乱生じるさなか、EU・米国間のデータ保護法発効(The Register)

自身が経営する法律事務所のブログでブリル氏は、近ごろトランプ氏が発した大統領令は、プライバシー保護の対象を米国市民に限定することを謳っているが、EUと米国間の重要な取り決めであるプライバシーシールドには影響を及ぼさないと論じた。

国際 TheRegister
「プライバシーシールド」はEUと米国が締結したデータ移転に関する合意である。プライバシーシールドはトランプ氏の大統領令に脅かされることはないと、米連邦取引委員会 (FTC) 前委員のジュリー・ブリル氏が述べた。

自身が経営する法律事務所のブログでブリル氏は、近ごろトランプ氏が発した大統領令は、プライバシー保護の対象を米国市民に限定することを謳っているが、EUと米国間の重要な取り決めであるプライバシーシールドには影響を及ぼさないと論じた

根拠として次の3つを挙げている。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×